トゥエるブの旅日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやまったく。
懲りずにメールがくるものだ。
まずは「胡麻ラーメン」「やきそば弁当」の親切な人ありがとう。

さて今夜のメールだ。

これは間違いなくローカル。
同社商品が、みんなの合言葉で愛されてるって。


合言葉?

5つめ

r5-2.jpg


5つめの完成

r5-1.jpg



よくわからないまま、次いってみよう。

全国販売されてるらしいけど、もともとは地域限定。
裏の冷やし中華風レシピお勧め。


6つめ
r6-2.jpg


6つめの完成品

r6-1.jpg


だからパッケ(ry

あー、書き忘れてた。
この文章は、現在psps中の問題のヒントにはなりません。
続きを読む
スポンサーサイト
世間を騒がせた一連の不祥事で、不二家の商品はすっかり店頭から消えてしまった。
そんな中、独自に頑張っているのがこの店。

昼間のビル


「ペコちゃん焼き」の神楽坂店である。
このペコちゃん焼き、仕入れは本部ルートではなく、この店独自の仕入れルートを使用。
そのため、販売復活が可能となったのだ。
努力された店員さん達、ご苦労様でした。

さて、せっかくだから一つ買ってみよう。

お客様へ


え?販売個数限定?夜19時30分には閉店?
あーそうなんだー…。すっごい人気みたいですよねー。

買えなかった(´・ω・`)


いつか不二家が復活して、当たり前に全国で君に会える日が来たなら、必ずまたここに迎えに来るから…
そうペコちゃんに誓い、私は店を後にした。ちくしょう。
最初、どの建物が目的地かわからなかった。
子供にアピールするような派手な建物は見当たらない。

何かいる


奴だ。
自己犠牲もいとわないスーパーヒーローが、シンプルな白い建物の屋上で微笑んでいる。

中に何かでかいのがいる


はしゃぎまくる子供の歓声と、それを叱り付ける親の声で館内は騒がしい。
家族連れに紛れ、こそこそと館内を見て回った。
子供向けだとなめてかかっていたが、実際に作品を見て感動した。
やなせたかし、すげえ。
もう子供に夢与えまくり。
大人の俺も心が洗われた気分だ。

ちょっと推しすぎじゃね?



しかし、駅からミュージアムまで、往復1000円はちょっと高くね?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。