トゥエるブの旅日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと休憩のために近くの自動販売機に寄った。
あまりにも回りが殺風景な自動販売機群を発見。
ここにしよう。どうやら『ドリンク!ランド』と言うらしい。
と、いうわけで寒いから暖かい飲み物が欲しいな。
暖かい飲み物は…コーヒーにココアとお茶、コーンポタージュか。
おっ?何だこれ?

200703241341000.jpg


…ここ、「『ドリンク!』ランド」だよな?
ちょっと面白いし、せっかくだからココに貼った。

ガムテ


あ、ちょっと透けた。


透け透け
世間を騒がせた一連の不祥事で、不二家の商品はすっかり店頭から消えてしまった。
そんな中、独自に頑張っているのがこの店。

昼間のビル


「ペコちゃん焼き」の神楽坂店である。
このペコちゃん焼き、仕入れは本部ルートではなく、この店独自の仕入れルートを使用。
そのため、販売復活が可能となったのだ。
努力された店員さん達、ご苦労様でした。

さて、せっかくだから一つ買ってみよう。

お客様へ


え?販売個数限定?夜19時30分には閉店?
あーそうなんだー…。すっごい人気みたいですよねー。

買えなかった(´・ω・`)


いつか不二家が復活して、当たり前に全国で君に会える日が来たなら、必ずまたここに迎えに来るから…
そうペコちゃんに誓い、私は店を後にした。ちくしょう。
最初、どの建物が目的地かわからなかった。
子供にアピールするような派手な建物は見当たらない。

何かいる


奴だ。
自己犠牲もいとわないスーパーヒーローが、シンプルな白い建物の屋上で微笑んでいる。

中に何かでかいのがいる


はしゃぎまくる子供の歓声と、それを叱り付ける親の声で館内は騒がしい。
家族連れに紛れ、こそこそと館内を見て回った。
子供向けだとなめてかかっていたが、実際に作品を見て感動した。
やなせたかし、すげえ。
もう子供に夢与えまくり。
大人の俺も心が洗われた気分だ。

ちょっと推しすぎじゃね?



しかし、駅からミュージアムまで、往復1000円はちょっと高くね?
この古墳の中に卑弥呼への手がかりが・・・?

これが黒塚古墳


実はここは発見されるまで子供の遊び場として使われていました。
遊具もあったのですが、今では撤去されています。

建物


なお資料館の開館時間は午前9時から午後5時までです。
月曜日は休館となりますのでご注意くださいな。

ガムテはこの下


あ、ついでに竜王山とか登ればいいよ。
修正してやるー


さてこいつだ。
1/3スケールのZガンダムである。
全長7メートル。大迫力だ。
もともと個人で作ったものを、道の駅に移設したものだ。

やはりガンダムファンは熱狂的だなwwwwと思われるだろうが、製作者はそうではないらしい。
2足歩行ロボットが大好きな人で、一人で作り上げてしまったとか。

その情熱を俺達も見習わなければ。
微妙な味の「名物ジャンボピーマンアイス」を食べながら心に誓った。
日本人は温泉大好きだ。
旅行といえば温泉。病気の療養といえば温泉。
さて本日は、日本三名泉の一つ、下呂温泉に来てみた。

下呂温泉


宣伝旅行中にいいのかって?
まあそれはそれwwwww

とはいえ、ゆっくりしていられないのも事実なので、手軽に温泉を楽しむため、足湯を選ぶ。
旅の疲れが癒されていく。とても気持ちがいい。

足湯


温泉に癒され、ふと周りを見ると、やけにカップルが目に付いた。
いたたまれなくなって、目に付いた下呂発温泉博物館に飛び込んだ。

下呂発温泉博物館


「売れたら最高級の旅館に泊まってやる」
見学後、固く誓いながら下呂を後にした。
もちろん今度は誰かと一緒に行くんだからな!!
田んぼの真ん中にあるバッハホール。
小さくても質の高い音響設備を、という考えに基づいて造られた。

バッハホール


宮城の田舎町とバッハが何の関係があるのか。
実は、特に何もなかった。
「バッハの音楽が好まれているから」というのが理由の一つであるらしい。
だが、ホールをより良くするため、熱心な調査を続けるうちに、バッハが生誕した町と交流するようになった。
頑張りが実を結んで、憧れのバッハとの関係が生まれたんだ。

この素晴らしいホールにいつか立ってみたい。
パイプオルガンをバックに俺達もきっといつか演奏するんだ。


え、クラシックじゃないと無理なの?あー、そうなんだ(´・ω・`)
長久手町は名古屋市の東にある。
あの「愛・地球博」が開催された地だ。
今回降り立った地も、そのものズバリ「愛・地球博記念公園駅」だ。
リニモという、時代の最先端であるの乗り物の駅だ。
リニアからみた線路



賑わっていたのも以前のことで、今は閑静な雰囲気…
…ということもなく、新しく公園になっているようであった。
25日にはリニューアルし、スケート場とかが賑わっているようだ。
そしてなにやらイベントがあったようなのでガムテープにも
その旨を記しておいた。
モリコロパーク


モリゾーとキッコロは地球博終了後も営業をしている。
また、2010年の上海博覧会では、2人(?)のテーマパークも作られるらしい。
どっかの倉庫の隅っこで寝かせてはもらえないらしい。
座って一休みでもすればいいのにね。
このベンチに張りました



ドアラや、グランパスファミリーを含め、名古屋のマスコットは精力的だ。
モリゾーとキッコロもこの公園が発祥として世界に広がっていくだろう。駅から見た記念公園

長崎駅の南、路面電車の大浦天主堂下駅のそばにあるビル。
長崎名物・ちゃんぽんや皿うどんの元祖と言われる四海楼である。
土地も広い。駐車場も大きい。観光バス多い。
だって元祖だから。何となくありがたや。
正面


ちゃんぽんミュージアムは、四海楼ビルの2階である。
おねいさんが見張ってるのでガムテが貼れない。
困っていたところ、正面階段の両側に石像が見えた。
右の「千里眼」の足元に貼ることにする。

千里眼


ちゃんぽん(゚д゚)ウマー

おちゃんぽん!おちゃんぽん!

日本でのシェア3割、アメリカでは5割以上で、
「醤油といえばキッコーマン」国内外を問わず、とても有名な会社ですね。

会社正面


漢字で書くと亀甲万。
別にこれっぽっちも卑猥な意味ではなく、『鶴は千年、亀は万年』からとった、縁起のいい社名なのです。

このポストに貼ってました



ええ、卑猥な想像なんてしちゃいませんとも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。